妄想癖を患った管理人の、ちょっと危なくてヲタクな読み物。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ - / - / -
<< 真珠の耳飾の少女。 | main | 女帝(エンペラー) >>
グッド・シェパード。
 □ またしても映画の話。今度はマッド・デイモン主演の映画で、去年放映されたものです。
CIAを作った男の話なのですが、実話かと思いきやフィクションだそうで(苦笑) 予告を見たときから暗そうな話だな、と想像してはいましたが、実際見てみたら暗いどころの話ではありませんでした。真っ暗でした。国や組織を守るとは、かくも非情を強いられるものなのかと、見た後暗澹とした気持ちにさせられた……orz  
あくまでこれは映画だし、実際のCIAとはおそらく違うのだろうが……それにしても話の中身がリアル過ぎて背筋が凍りました。
一番ビビッたのは、飛行中のセスナから女の人を突き落として殺害した瞬間ですかね……。自分の息子の嫁さんが敵方の諜報員だからって、いくらなんでも飛行機から突き落とすのはやり過ぎだろCIA……(;´д`) 
人間って、守りたいもののためなら鬼や悪魔にすらなれるんですね。時に理性とは狂気にもなり得るものなのだな、とつくづく考えさせられました。この映画は好き嫌いはっきり分かれそうなので、あまりオススメはできません(;^^)  
22:28 / 映画 / comments(0) / trackbacks(0)
スポンサーサイト
22:28 / - / - / -
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK