妄想癖を患った管理人の、ちょっと危なくてヲタクな読み物。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ - / - / -
まんまこと。

□ 畠中恵女史の『まんまこと』を読了しました!
「しゃばけ」シリーズもそうですが、畠中女史の描くキャラは皆可愛くて生き生きしてて面白いですねぇ。「しゃばけ」の若旦那も良い味出してますが、「まんまこと」の若旦那も負けちゃいない(笑) その周りに集う仲間もまた個性的で素敵!これは二巻目が文庫になるのが待ち遠しいです。早く文庫出せー\(`∀´)ノ


さて、次は稲葉稔氏の「囮同心」を読もうかと思います。
さっき少しだけ読んでみたら、私の大好きな男臭い話のようだったので、既に鼻息が荒くなっております(笑)
それにしても今回の主人公が隠密的立場のお役人って……何それ美味しすぎる(^q^)モグモグ




□ 話は変わり。
今日はママンとデートしてきました。もうすぐ私の誕生日と言うことで、バックをプレゼントしてくれました。あ、ありがとママン……(ノω;)
お返しに、『紅の蔵』と言う観光スポットでランチをご馳走しました。TVで話題になるだけあって、内装はおしゃれだったし、料理も美味しかったです。
今度はディナーを食べに行きたい所存。『紅の蔵』は一人でブラリと立ち寄れる場所にあるので、時間作り次第また行ってみようと思います♪

22:28 / 読書 / comments(0) / trackbacks(0)
もう、あかん……orz

□ 仕事がキツ過ぎて毎日瀕死状態です。ブログ書く余力すら無くなるほどの疲労ってどんだけ……(汗)

そんな訳で、数日ご無沙汰してました。仕事忙しくてヒーヒー言ってますが、何とか創作だけはボチボチと進めています。……ホントに、ボチボチとしか進んでませんが…ね…(汗)
某様に差し上げる品は、とりあえず一話目のラストが見えてきたところです。
スミマセン、まだ一話目で……(涙) これが後4話続くのです。今月中には、と思ってたんですが、この調子じゃまた延びてしまう予感……ホントすみませ…(涙)


□ そんな中、先日のだめを観てきました。若干「?」と言う感じでしたが、映画の終わり方としてはあれがベストだったんだろうな、と思いました。
ちなみに、今週末はアリスを観てこようかと思います。せっかく観るなら、今話題の3Dで観ようかなと検討中です。一度どんなものか試してみたい。


□ そう言えば。
この間オカンより、宇江佐真理女史の「泣きの銀次」なる時代小説を借りました。……と言うか、一方的に押し付けられました(笑)
どうもオカン、最近宇江佐女史にはまっているようで。本の話をすると決まって女史の著書を勧めます。私も過去に一冊読んだことがあったので、今回貸してもらった本を読むのに抵抗はなかったんですが。さすがにオカンが勧めるだけあって面白かったです。文章が上手いうえに読みやすかったので、二日で読破できました。
……で、読むものがまた無くなってしまったため、新たに本を買ってきたのですが。それについてはまた後日、ここで紹介しようと思います(^^)


さて、また創作に戻るか。
ついでに作業のお供に↓を聴こう。(DUCA「アイの庭」)

http://www.youtube.com/watch?v=ROwDPOy5VuY

19:35 / 読書 / comments(0) / trackbacks(0)
みをつくし料理帖。

□ まだ『黄蝶舞う』読了してないんですが、我慢ならず『みをつくし料理帖』に手を伸ばしてしまいました(;^^)
あと一話読んで読了なんですが、今回もまた高田女史に魅せられました。例の如く、ジワッと泣きそうになった回が何度もあって、昼休みの合間は迂闊に読めないなと改めて悟りました(笑)
しかし、この作者は何でこんなに人を泣かせるのが上手いのか。高田氏の小説読むたびに、その才能を分けて欲しいものだといつも思います(;^^)  いや、ホントに、どうしたらこう言う良いネタ思い浮かぶの……orz



□ さて。
またしても次に読むものがなくなってしまいました。次に何読むか全く決めてないので、本屋に行くたび悩んでます。
『ダヴィンチ・コード』の続編は読む気しないし(映画で観たほうが面白いから)、かと言って現代が舞台の恋愛モノは手をつけたくないし(疲れるから。笑)……となると、やっぱり時代物かファンタジーかミステリーになるんですよね。うーむ……どうしよう(汗)
最近時代物ばかり読んでいたので、この辺で一つファンタジーを読みたいところです。
獣の奏者シリーズに次ぐ良い作品ってないだろうか。守り人シリーズは読みきったしなぁ……途中で放置した勾玉シリーズでも読むか?
……よし、勾玉シリーズ読もう(早)

ちなみに、勾玉シリーズは二巻目まで読了済みです。三巻以降は購入していながら手付かずの状態であります(笑) もったいないので、ここらで一つ読んでおこう。あ、あとドラゴンライダーも読もう。これも手付かずのまま放置していたはず……(多いなそう言うの)

20:43 / 読書 / comments(0) / trackbacks(0)
天地明察。

□ ↑を、さっき読了しました。
ラスト付近は怒涛の展開で目まぐるしかったです。まさに転機の嵐で、読んでるこちらが主人公の過酷な運命に飲み込まれてしまいそうでした(苦笑)
しかし、人の思いが見事世の中の常識を覆した瞬間はもう鳥肌モノ!
途中何度も挫折しながら、決して諦めずに改暦を志した主人公には心底感服しました。同時に、その周囲に募った様々な人達の、学術に対する純粋な探究心にも感服!
学生の頃にこの本と巡り会っていたら、絶対改心して勉強頑張ったのになぁ(苦笑) そんな、言っても始まらないことを読了後に考えさせられました(笑)


さてさて、次は浅倉卓弥氏の『黄蝶舞う』 を読みたいと思います。
短編らしいですが連作になってる当作品。前にも少し触れましたが、中身は源平合戦付近を題材にした歴史小説です。帯を見るに、大姫、頼朝、実朝等の源家にまつわる話だとか。
浅倉氏と言えば、タイムスリップを題材にした『君の名残を』で有名ですね。かく言う私も読みましたが、あれはもう……圧巻……!! 私がタイムスリップ物を本格的に好きになったのは、この本が切っ掛けと言っても過言じゃない(笑)
そんな作者の作品なので、今から読むのが楽しみです(^^) 
よーし、モリモリ読むぞ!!




□ あ、ちなみに。
某様への献上物、漸く一話目書き終わりました。と言ってもまだ序章で、今は起承転結の「起」の部分を半ばほどまで着手したところです(遅)
こ、こんな調子では……いつまで経っても差し上げられない(涙) 勤務時間長くなるのは嫌だけど、せめて一日が48時間あったらな、と本気で思います。どうしてこんに一日って短いの……バカ!!(お前がバカ)

20:51 / 読書 / comments(0) / trackbacks(0)
おいおいおい。

□ dr!二巻読んでます。……で、思ったんですが。この巻なんですか。静雄の貞操の危機?(爆笑) 
まだ途中までしか読んでませんが、罪歌からめっちゃ目付けられててどうしようかと(爆笑) 
うわー、もしかしてこの調子でずっと静雄のモテっぷり見せ付けられるのかなぁ。……たしかにそれは辛いかも(某様へ。笑)

19:54 / 読書 / comments(0) / trackbacks(0)
またしても。

□ 最近読書漬けの毎日です。先日一日半かけて、あさのあつこ著書「ガールズ・ストーリー」を読破しました。
横文字のタイトルですが時代小説です。町医者の娘おいちが、霊視の力を使って事件を解決していく時代ミステリー小説。若干、宮部みゆき女史の著書「おそろし」や、畠中恵女史の時代小説と雰囲気が似ているような気もしましたが……個人的に話の流れが好みだったため楽しく読むことができました(^^)


さて、次は森真沙子女史の「日本橋物語」を読もうかと思ってます。
これはママンが現在はまってる時代小説で、既巻6冊出ているそうな。なんでも、染色工芸店の女将(29)を主人公とした人情物だそうで。……私が「ガールズ・ストーリー」と「みをつくし料理帖」を貸そうと話を持ち出したら、代わりにこいつを持って行けと渡された次第であります。ありがとう、ママン(笑)


そんな訳で、暫く私の読み物は時代小説オンリーになりそうです(;^^)



□ ……とか何とか↑の記事上げてたら、幼馴染のN女史から突然電話かかってきた(笑)
何かと思って電話でたら、「今本屋来てるんだけど、買いたい本沢山あって迷ってる。アドバイスして!」 と言う内容でビビッた(笑)
とりあえず、彼女は有川浩と村山由佳で迷っているらしい。有川女史は「植物図鑑」を買うかどうかで迷い、村山女史は「ダブルファンタジー」を買うかどうかで迷っていたらしい。
有川女史はともかく、村山女史の「ダブル…」だけは彼女の雰囲気に合わないと思ったので、即「やめておけ」と止めときました(笑) 
買うんなら「星々の舟」とか「おいしいコーヒー(シリーズ)」とかにしとけ。初心な彼女にゃ、いきなり「ダブル…」はキツいだろ、さすがに……(苦笑)



□ まったく話題はかわり。
最近、FF10の「浄罪の路」を練習しています。なぜか今更になって弾きたくなった(笑) ついでにFF8の主題歌も練習してます。どこにお披露目することもなく、ただひたすら自己満足のために練習し続ける毎日……どんだけ好きなんだピアノ(苦笑)


17:39 / 読書 / comments(0) / trackbacks(0)
“あさのあつこ”の時代小説面白い。

□ 「弥勒の月」シリーズの新刊が出てたので即効購入しました。
遠野屋さんは相変わらずカッコイイです。人に言えない過去を抱えながらも、立派にお店の主人を務めようとする姿勢が素晴らしい。一度道を踏み外した人間でも、心の持ちようで何度でも生き直しが出来るんだと、物語読んでてしみじみ感じ入った。勇気の鈴がリリンリンってなった。久しぶりに良い本読んだ!

読書進むのは良い事なんですが、次々と読みきっちゃうので手持ちの本がすぐなくなって困ります。
次、何読もうかな……(汗)
八雲は全部読んじゃったしなぁ。ミステリー読みたいけど、現実を舞台にした物語はちょっと今読みたい気分じゃないしな。
となると、時代小説でミステリーか。うーん……宮部みゆきは読み尽くしたし……。京極さんは夏休みに読みたい作品だし(笑)。真面目に何を読んだらいいか悩みます。

何かオススメ小説があったら教えてください。この際何でも良いから貪り読みたいです(活字中毒)



21:43 / 読書 / comments(0) / trackbacks(0)
最遊記外伝。
新刊ざっと流し読みしました。目から汁が……ああああああ(ノд<。)゜。
ラスト分かっていただけに、読むのが辛い一冊でした。あの悟空の号泣っぷりが何とも涙を誘う(ノд<。)゜。
久々に最遊記萌えきたので、これを糧に創作がんばります(´∀`)
13:50 / 読書 / comments(0) / trackbacks(0)
爆睡。

□ 普段の睡眠時間は六時間程度なんですが、今日はなぜか12時間も眠ってしまいました…orz
どうしたんだろ、我。そんなに疲れていたんだろうか(汗)

ここ最近営業が厳しくて参ってます。本来なら事務専な筈なのに、いつのまにやら営業課の仕事まで請け負っているという罠。元々口下手な私に人の心をキャッチするほどの営業トークができるはずもなく、毎日頭悩ませながらテレコールしてます。……ホント、ストレス溜まる。心労が絶えねぇぜこの職業(涙)


□ そんな中、ようやく念願だったピアノのレッスンを受講し始めまして、毎日ピアノライフを満喫しております♪
およそ10年ぶりの個人レッスンに最初はドッキドキしましたが、先生はとても気さくで優しい方だし、分からないところも丁寧に教えてくださるので、すぐに緊張も解れました。
やっぱりピアノは良いですね。癒されます。他のどんな音よりも、私はピアノの音色が一等好きです。これを機会に幅広く色んな曲を弾けるようになりたい。うむ、頑張ろう。

20:14 / 読書 / comments(0) / trackbacks(0)
最近読んで (´;ω;`)ブワッ ときた本。
□ 大好きなpasucaさんより、最近読んだ本についてご質問いただいたので簡単にご紹介したいと思います(^^) 


  愨圓辰討襦 週眠袷雹辧宗 戞,△気里△弔魁著

江戸の深川元町にある「橘屋」。そこで働く人々の絆と成長を描いた連作短編集です。
この作中に出てくる女中頭の“お多代”さんが、ともかく惚れ惚れするほど粋でカッコイイ。特に、お多代の働く女としての覚悟や生き様には、身震いするほど感動させられました。彼女のどこがどうカッコイイのか、と問われると簡単には説明し難いので、ぜひ読んで実感していただきたい作品です。
ちなみに。あさのあつこ女史の著書で有名なのは「バッテリー」ですが、時代物も(´;ω;`)ブワッ ときて良いですよ(笑) 
この他、女史の時代物の著書には『弥勒の月』や『夜叉桜』があります。この二点は続き物になってるので、ぜひ二つ一緒に読んでみてください。
内容は捕物帖です。冷徹な同心と、人には言えない闇を抱えた謎の商人が、一つの事件を巡って対決します。余談ですが、私の両親が二人してこの作品にハマりました。笑(ホントどうでも良い話)  



◆ 惱戦のローレライ』 福井晴敏:著

↑については、何度かここで叫んだ気もするのですが(苦笑) あえて、ここでご紹介させていただきます(笑)
個人的に、「終戦の…」は夏になったら読みたくなる本、1。内容がタイトル通り、第二次世界大戦を舞台にした戦争モノだからかも知れないんですが、これがただの戦争モノじゃないんですよ〜。
作中にパウラと言う少女が登場するんですが、ナチスドイツの進めていたとある実験のために特殊能力を得てしまい、人間兵器として戦争に狩り出されてしまうんです。その少女を巡って様々な人々、最終的には国までが動き始めるんですが……スミマセン、あまりにもスケールが大きすぎるため、ここではちょっと一言では表現しきれません(笑) なので、詳しい中身についてはどうぞ、本書にてご確認ください。笑(逃げた)
私がこの作品で言えることはただ一つ。―――ともかく泣ける!! 冗談抜きに、ホントぼろっぼろ泣けます。これを初めて読んだときは、作者である福井さんの文章力と反則技(物語の随所に散りばめられたネタの素晴らしさ)に、始終やられっ放しでした。笑
もしまだ読んでいらっしゃらなければ、ぜひ一度ご一読ください!これはオススメです。





とりあえず、本日は2冊ほどご紹介させていただきました(^^) 後日また改めて、お気に入りの作品をピックアップしたいと思います。
時代物が好きなせいで、かなり偏った内容になってしまいましたが……大丈夫でしょうか、参考になりましたかね??(笑) 
pasucaさんの今後の読書に、少しでもお役に立てたら幸いです♪
20:21 / 読書 / comments(0) / trackbacks(0)
1/2PAGES >>